スマートフォン解析
IRセミナー
10/25(水)=メディアグループ 三栄建築設計、CRIミドルウェア

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2007年07月11日

古野電気は昨年高値に顔合わせ。目先調整も、中期ではまだまだ上値追い

 古野電気<6814>(大1)は大幅続伸。94円高の1575円まで買われ、昨年高値と顔合わせとなった。大証1部値上がり率上位にランクインしている。
 魚群探知機、船舶用電子機器メーカーの同社は、造船関連株、漁業関連株として、かねてから人気化していた。とくに先月末からきょうまでは、日足で11連騰。連日の年初来高値更新となっていた。
 さらに、きのう大引け後に発表した第1四半期(3〜5月)連結決算は、前年同期比増収増益で、とくに経常・純利益はそれぞれ5割以上の増益となった。2008年2月通期連結業績予想は据え置いているが、前年実績比増収増益を見込んでいる。
 現在の株価でPERは16倍台、PBRは1倍台と、とくに割高感はないが、信用残は買い長で、倍率は18.8倍。いまは地合いが軟調なこともあり、目先、一服局面に入ろう。
 ただ、業績は実績・予想とも右肩上がり、実質無借金の好財務、同社の事業内容(テーマ性)などから、中期ではまだまだ上値が追えると見る。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:54 | 株式投資ニュース