株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2020年03月30日

パワーソリューションズは底値圏、20年12月期増収増益予想

 パワーソリューションズ<4450>(東マ)は金融機関向けSIを主力として、RPA関連サービスも展開している。20年12月期増収増益予想である。収益拡大を期待したい。株価は地合い悪化で安値を更新したが、売り一巡感を強めている。高値から3分の1水準で底値圏だろう。

■金融機関向けSIが主力

 19年10月東証マザーズに新規上場した。金融機関向けSI(業務コンサルティング、システム受託開発、運用・保守サービス、業務アウトソーシング受託)を主力として、法人向けRPA関連サービス(ライセンス販売、導入サポート)も展開している。

■20年12月期増収増益予想

 20年12月期業績(非連結)予想は、売上高が19年12月期比13.6%増の32億62百万円、営業利益が2.5%増の3億56百万円、経常利益が8.9%増の3億58百万円、純利益が8.4%増の2億42百万円としている。

 需要が高水準に推移し、RPA販促活動強化や人材教育などの先行投資を吸収する見込みだ。収益拡大を期待したい。

■株価は底値圏

 株価は地合い悪化で安値を更新したが、売り一巡感を強めている。高値から3分の1水準で底値圏だろう。3月27日の終値は1990円、時価総額は約27億円である。
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:18 | 株式投資ニュース