株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2020年03月30日

メドレーは上値試す、20年12月期大幅増益予想

 メドレー<4480>(東マ)は、医療ヘルスケア領域求人・転職サイトの人材プラットフォーム事業を主力として、オンライン診療に関する医療プラットフォーム事業も展開している。20年12月期大幅増益予想である。収益拡大を期待したい。株価は高値更新の展開だ。新型コロナウイルス感染拡大でオンライン診療システムが注目されている。上値を試す可能性がありそうだ。

■医療ヘルスケア領域の人材プラットフォーム事業が主力

 19年12月東証マザーズに新規上場した。医療ヘルスケア領域求人・転職サイト「ジョブメドレー」運営の人材プラットフォーム事業を主力として、オンライン診療システム「CLINICSオンライン診療」や医療情報サービス「MEDLEY」運営の医療プラットフォーム事業も展開している。

■20年12月期大幅増益予想

 20年12月期連結業績予想(レンジ)は、売上高が66億円〜69億円(19年12月期比38.5%増〜44.8%増)、営業利益が3億30百万円〜6億30百万円(2.2倍〜4.1倍)、純利益が3億50百万円〜6億50百万円(96.2%増〜3.6倍)、純利益が3億円〜5億50百万円(19年12月期は3億81百万円の赤字)としている。

 医療プラットフォーム事業で開発投資が先行するが、主力の人材プラットフォーム事業が伸長して大幅増収増益予想である。収益拡大を期待したい。

■株価は上値試す

 株価は急伸して高値更新の展開となった。新型コロナウイルス感染拡大でオンライン診療システムが注目されている。上値を試す可能性がありそうだ。3月27日の終値は1970円、時価総額は約554億円である。
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:23 | 株式投資ニュース