株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2020年04月06日

オムロンが再び出直る、電子体温計や自動血圧計も品薄とされ注目再燃

■マスク、除菌剤に続いてドラッグストアなどで売り切れる例も

 オムロン<6645>(東1)は4月6日の後場寄り後、5570円(180円高)となり、再び出直りを強めている。制御機器や電子部品のほか、AED(自動体外式除細動器)、電子体温計、自動血圧計などでも知られ、このところドラッグストアなどで電子体温計の売り切れが目につくとして注目する様子がある。

 このところ、ドラッグストアなどでは、マスク、除菌剤に続いてゴム手袋や家庭用の電子体温計も品切れ気味になってきたとの声が出ている。新型コロナウイルス肺炎の症状として発熱が挙げられることが要因のようだ。高齢者施設や新学期を迎えた小学校などで、全員の体温測定などを毎朝励行する例が出ているとの報道もある。連結業績への寄与は小さいが、新型コロナウイルス関連のニュースは、いま株式市場の最大の人気テーマだけに注目する動きが少なくないようだ。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:13 | 材料でみる株価