株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2020年05月20日

寿スピリッツの20年3月期連結業績は第4四半期にコロナウイルスの影響を受けるが最高益更新で着地

■2月、3月に新型コロナウイルスの影響で大幅減収

 寿スピリッツ<2222>(東1)の20年3月期連結業績は、第4四半期にコロナウイルスの影響を受けるが最高益更新で着地した。

 第4四半期の月別売上高は、1月が前年同月比15.4%増、2月が同5.7%減、3月が同44.8%減と2月、3月に新型コロナウイルスの影響で大幅な減収となった。しかし、第1四半期から第3四半期までは好調に推移していたことで、20年3月期は最高益更新となった。

 19日引け後発表された20年3月期連結業績は、売上高451億80百万円(前年同期比10.8%増)、営業利益64億54百万円(同8.0%増)、経常利益64億75百万円(同7.7%増)、純利益41億円(同3.2%増)と増収増益であった。

 しかし、今期予想については、足元の状況が悪化していて、4月の売上高は、前年同月比で大幅な落ち込みとなり、5月前半も緊急事態宣言の延長を受け、4月と同様の状況となっている。

 そのため、現時点では、今期業績予想を未定としている。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:39 | 決算発表記事情報