株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2020年05月21日

クリナップは下値切り上げ

 クリナップ<7955>(東1)はシステムキッチンの大手で、システムバスルームも展開している。21年3月期連結業績・配当予想は未定とした。なお新型コロナウイルスの影響で商品の納期遅れが発生しているが、順次供給を再開し始めている。当面は新型コロナウイルスの影響が懸念材料となるが、中期的に収益拡大を期待したい。株価は下値を切り上げて反発の動きを強めている。出直りを期待したい。

■システムキッチン大手でシステムバスルームも展開

 システムキッチンの大手である。厨房部門(システムキッチン)を主力として、浴槽・洗面部門(システムバスルーム・洗面化粧台)も展開している。20年3月期の部門別売上構成比は厨房部門78%、浴槽・洗面部門15%、その他7%、全国のショールーム数は102ヶ所だった。販売ルートは工務店を主力としている。収益面では新設住宅着工件数やリフォーム需要の影響を受けやすい特性がある。

 中期経営計画(18年〜20年)ではビジョンに「暮らし価値創造企業Cleanupへの変革」を掲げている。重点施策として、高級・超高級市場への本格参入に向けた商品ラインナップの変革、シェア回復に向けたフラッグシップモデルの刷新、ショールームにおける価値提供の強化、アジア諸国向けステンレスキャビネットの本格展開、新たな販売チャネルとしてのECビジネス立ち上げなどを推進する。

■21年3月連結業績・配当予想は新型コロナウイルス影響で未定

 20年3月期連結業績は、売上高が19年3月期比2.9%増の1075億25百万円、営業利益が24億99百万円の黒字(19年3月期は4億65百万円の赤字)、経常利益が25億45百万円の黒字(同3億76百万円の赤字)、純利益が14億65百万円の黒字(同7億04百万円の赤字)だった。配当は19年3月期と同額の20円(第2四半期末10円、期末10円)とした。

 新築住宅着工戸数の減少など厳しい事業環境だが、付加価値の高い新商品の投入、全国のショールームにおけるイベント開催、流通パートナーとの連携強化などの効果で、全体として増収(厨房部門は3.5%増収、浴槽・洗面部門は1.9%減収)となり、原価低減や販管費抑制も寄与して黒字化した。

 21年3月期連結業績・配当予想は未定とした。なお新型コロナウイルスの影響で商品の納期遅れが発生しているが、順次供給を再開し始めている。当面は新型コロナウイルスの影響が懸念材料となるが、中期的に収益拡大を期待したい。

■株価は下値切り上げ

 株価は下値を切り上げて反発の動きを強めている。出直りを期待したい。5月20日の終値は523円、前期実績連結PBR(前期実績の連結BPS1379円67銭で算出)は約0.4倍、時価総額は約196億円である。(日本インタビュ新聞社アナリスト水田雅展)




◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:17 | アナリスト水田雅展の銘柄分析