株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2020年06月03日

ナノキャリアが後場急伸、米国臨床腫瘍学会(ASCO)での発表に株価好反応

■遺伝⼦治療製品「VB−111」の卵巣がん第3相臨床試験は良好の模様

 ナノキャリア<4571>(東マ)は6月3日、13時前から値動きが活発化し、それまでの290円(13円安)前後から一気に7%ほど高い311円(8円高)まで上げて出来高も増加した。

 12時50分、米国臨床腫瘍学会(ASCO)で6月1日に遺伝⼦治療製品「VB−111」の卵巣がん第3相臨床試験における良好な中間解析データを公表したと発表し、注目された。株価は、3月以降、時々急伸しながらジリ高基調を続けており、ニュース発表への反応が良好な印象になっている。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:18 | 材料でみる株価