スマートフォン解析
株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2007年07月12日

株マニ注目のエンシュウが反発し年初来高値を窺う

 株マニ注目のエンシュウ<6218>(東1)が、8円高の336円と反発し1月18日につけた年初来高値347円を窺う動きになっている。
 
 ヤマハ発動機系のエンシュウは、低位の好業績期待銘柄として注目したい。年金問題等が浮上し積極的に主力株を手掛けにくいことから、低位株を物色する動きが鮮明になっている。
 エンシュウの前期業績は経常利益が前々期比0.6%増の18億3600万円と横ばいだったが、今期経常利益は前期比19.8%増の22億円の過去最高益更新を見込む。自動車関連向けの工作機械の販売増で財務体質が改善したたため、前期は5円復配した。設備投資が必要なため復配を1年延期したが、今後は継続して配当したと意欲を示している。予想PER15倍台と割安感がある。
 株価は、4月24日に275円まで下落し、昨年1月高値457円から調整一巡感が出ている。(株マニ6月8日短期注目銘柄から)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:39 | 株式投資ニュース