株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2007年07月12日

AOCホールディングスは続伸。今朝は石油セクターが高い

 AOCホールディングス<5017>(東1)は続伸。114円高の1991円まで買われている。
 今朝は日経平均株価が反発し、1万8100円台を回復している。業種別指数も値上がり業種が多く、なかでも、石油・石炭セクターは、東証1部業種別株価指数では値上がり率上位にランクインしている。
 AOCホールディングスのチャートを見ると、5月に1900円ラインから1600円ラインまで急落。2008年3月期連結業績予想を減収減益としたためだ。
 減収減益の理由は、探鉱費の支出、新華南石油開発の石油搬出施設の定期点検にともなう生産停止による減収、期首在庫評価の影響がマイナスとなること、海外の船会社の収益の悪化、施設更新時の除却損、税制の改正にともなう減価償却費の増加など。
 しかしこれらは一時的な要因が多い。また、業界観測では、2009年3月期は再び増収増益となると見込まれている。そのため、見直し買いが出ているもようだ。
 加えて、きのうラジオNIKKEIで紹介されたこともあり、人気化している面もあるようだ。
 まずは今年の高値2100円ラインまでの戻りが目標となろう。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:43 | 株式投資ニュース