スマートフォン解析
株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2007年07月12日

ブルドックは625円ストップ安売り気配。結局、スティールTOB前と往って来い

 ブルドックソース<2804>(東2)は625円ストップ安 売り気配。
 きのう新株予約権無償割り当てを行なった。米ファンド、スティール・パートナーズは同社の新株予約権発行に対する、東京高裁の差し止め仮処分命令申し立て棄却について、特別抗告等を行なっている。が、同社の新株予約権無償割り当てはきのう効力を発生した。
 同社は上記の内容を明らかにするとともに、「当社としては、スティールの特別抗告等は理由のないものと考えており、引き続き、全面的に争う所存」という旨を発表した。
 チャートを見ると、きのうは1600円ラインから499円へと急落した。今朝は気配値625円だが、この水準は、スティールのTOB前の水準。つまり、急落といっても、以前の水準に戻っただけだ。
 結局、この一連の騒ぎで儲けたのは、スティールと、うまく乗り降りした一部の投資家だけだったようだ。ただ、日本の株式市場と企業に、「株主に対する意識」と「買収防衛」について考えさせる契機には、なったといえよう。



◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:09 | 株式投資ニュース