株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2020年07月03日

FRONTEOが反発、AGCの技能伝承にAIエンジンで協力し注目される

■ガラス製造の熟練技術伝承や操業ノウハウの共有など支援

 FRONTEO<2158>(東マ)は7月3日、取引開始後に5%高の724円(34円高)まで上げ、反発基調の始まりとなった。AGC<5201>(東1)が2日付で、FRONTEOの自然言語解析AIエンジンを活用して熟練技術者の技能や知見を引き出すことができるシステムを開発と発表。注目されている。

 AGCの発表リリースによると、ガラス製造では溶解・成形・加工などで独自の高い技術力が必要だが、熟練技術者から若手技術者への技能伝承や、各工場が蓄積したノウハウの共有などが大きな課題となっていた。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:32 | 材料でみる株価