株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2020年07月03日

JTOWERは三菱UFJリースとの資本業務提携が注目され12%高

■5G通信インフラシェアリングの拡大を先取る

 JTOWER<4485>(東マ)は7月3日、10時30分にかけて12%高の5940円(640円高)をつけ、大きく反発している。2日付で、三菱UFJリースと通信インフラシェアリング分野で資本業務提携と発表し、注目されている。

 発表によると、主に5Gの通信インフラシェアリング分野での協働を推進する。三菱UFJリースは、第三者からJTOWER株式の一部を譲り受ける形でJTOWERに資本参加する。

 JTOWERは2019年12月に上場し、通信インフラを共同で使用することで設備構築・運用コストを削減できるシェアリングビジネスを行う。「5G」の普及により、通信各社はコスト削減などの観点からシェアリングの利用を強めると見込まれている。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:51 | 材料でみる株価