株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2020年07月30日

恵和は20年12月期2Q累計利益予想を上方修正、通期も上振れの可能性

 恵和<4251>(東2)は光学シート事業と機能製品事業を展開している。20年12月期増益予想である。7月22日に第2四半期累計の利益予想を上方修正している。通期も上振れの可能性がありそうだ。収益拡大を期待したい。株価はやや上値の重い展開だが、調整一巡して戻りを試す展開を期待したい。

■光学シート事業と機能製品事業

 19年10月東証2部に新規上場した。液晶ディスプレイのバックライトユニットに使用される光拡散シートや高機能光学フィルムなどの光学シート事業、特定の機能(防湿性・耐熱性・耐久性)を付加した産業用包装資材や建設・農業用の産業資材などの機能製品事業を展開している。

■20年12月期2Q累計利益予想を上方修正、通期も上振れの可能性

 20年12月期連結業績予想は、売上高が19年12月期比4.3%減の151億41百万円、営業利益が9.7%増の10億25百万円、経常利益が5.0%増の9億92百万円、純利益が10.0%増の7億61百万円としている。

 7月22日に第2四半期累計の利益予想上方修正し、従来の減益予想から一転して増益予想となった。新型コロナウイルスの影響で鉄鋼・製紙関連が落ち込んだが、リモートワークに必要なノートPC用の光学フィルム関連が好調に推移し、利益面では製品ミックス改善が寄与する見込みだ。通期も上振れの可能性がありそうだ。収益拡大を期待したい。

■株価は戻り試す

 株価はやや上値の重い展開だが、調整一巡して戻りを試す展開を期待したい。7月29日の終値は1426円、時価総額は約110億円である。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:25 | 株式投資ニュース