株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2020年07月31日

【話題】日経平均330円安の半分をアドバンテストなど5銘柄で下げる(11時現在)

■ファーストリテ、中外薬、ソフトバンクG、信越化学など足引っ張る

 アドバンテスト<6857>(東1)は7月31日、取引開始後にストップ安の5700円(1000円安)で値がついたまま売り気配を続け、日経平均を約72円引き下げる形になっている。

 30日の取引終了後に発表した第1四半期決算は連結営業利益、四半期純利益とも前年同期比11〜12%減にとどまったが、未定だった3月通期の連結業績予想を当期純利益358億円(前期比33.1%減)などと発表し、改めて先行きを慎重に見る向きが増えたようだ。

 11時過ぎの日経平均は2万2005円78銭(334円45銭安)前後で推移。この下げ幅のうち、計算上はアドバンテストが約72円引き下げる形になり、同じくファーストリテイリング<9983>(東1)は44円、中外製薬<4519>(東1)は20円、ソフトバンクG<9984>(東1)は19円、信越化学工業<4063>(東1)は16円。この5銘柄で日経平均を171円下げている形になり、下げ幅の半分はこの5銘柄の下げが影響していることになる。(HC.)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:17 | 話題