株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2020年08月01日

ジェイテックは21年3月期1Q赤字も株価は織り込み済み

(決算速報)
 ジェイテック<2479>(JQ)は7月31日の取引時間終了後に、21年3月期第1四半期連結業績を発表した。新型コロナウイルスの影響で減収・赤字だった。通期予想は未定としているが、株価は業績悪化を織り込み済みと考えられる。ネガティブ反応は限定的だろう。

■21年3月期1Q赤字、通期予想は未定

 21年3月期第1四半期の連結業績は、売上高が前年同期比8.5%減の6億80百万円で、営業利益が21百万円の赤字(前年同期は17百万円の黒字)、経常利益が16百万円の赤字(同17百万円の黒字)、純利益が12百万円の赤字(同10百万円の黒字)だった。

 技術職知財リース事業のテクノロジストの平均単価は上昇したが、新型コロナウイルスの影響で、全体として派遣の稼働人数および労働工数が減少した。

 通期予想は5月28日に修正して未定としている。当面は新型コロナウイルスの影響が避けられないが、想定ほど派遣契約終了や契約見直しが発生しない可能性もあるため、期後半の緩やかな回復を期待したい。

■株価は業績悪化を織り込み済み

 株価は戻り一服となってモミ合う展開だ。業績悪化を織り込み済みと考えられる。第1四半期業績に対するネガティブ反応は限定的だろう。7月31日の終値は169円、時価総額は約14億円である。(日本インタビュ新聞社アナリスト水田雅展)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:25 | 決算発表記事情報