株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2020年08月06日

【株式市場】新型コロナ再拡大が懸念され日経平均は72円高のあと74円安

◆日経平均は2万2440円69銭(74円16銭安)、TOPIXは1550.28ポイント(4.43ポイント安)、出来高概算(東証1部)は5億3082万株

 8月6日(木)前場の東京株式市場は、ソニー<6758>(東1)が高く始まった直後に軟化した一方、トヨタ自動車<7203>(東1)は安寄り後ほどなく堅調に転換など、値動きにバラツキが感じられる相場になった。日経平均は43円安で始まった後72円高まで上げたが、新型コロナの感染拡大が大阪、名古屋、沖縄でも顕在化のため経済への影響が懸念され、11時前から次第に値を消し前引けは安い。

 DeNA<2432>(東1)が第1四半期の大幅増益など注目されてストップ高となり、同じくコンテック<6639>(東2)富士ソフトサービスB<6188>(東2)も急伸。イルグルム<3690>(東マ)は第3四半期決算が好感されて急伸。出前館<2484>(JQS)は「巣ごもり消費」への期待が再燃し活況高。

 東証1部の出来高概算は5億3082万株、売買代金は9681億円。1部上場2173銘柄のうち、値上がり銘柄数は1626銘柄、値下がり銘柄数は491銘柄。

 また、東証33業種別指数は14業種が値上がりし、鉱業、石油・石炭、保険、非鉄金属う、その他金融、ゴム製品、鉄鋼、などが高い。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:11 | 今日のマーケット