株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2020年08月07日

ステラケミファは第1四半期の利益進ちょく率4割が注目され戻り高値を更新

■がん治療用ホウ素薬剤が承認取得し販売開始され注目強まる

 ステラ ケミファ<4109>(東1)は8月7日、大きく出直って始まり、取引開始後に6%高の2935円(155円高)まで上げて約2週間ぶりに戻り高値を更新した。第1四半期の連結営業利益が前年同期比4.3%増の8.84億円となり、伸び率は小さいが期初に示した通期予想額19.0億円の4割強を確保。注目されている。

 6日の取引終了後に第1四半期連結決算(2020年4〜6月)を発表し、売上高は前年同期比15.5%減だったが、経常利益は同11.6%増の8.41億円となり、やはり通期予想額19.5億円の4割強を確保した。がん治療法であるホウ素中性子捕捉療法(BNCT)用ホウ素薬剤が製造販売承認を取得し、薬価基準に収載され販売を開始した。通期予想は全体に据え置いたが先行きが期待されている。(HC)


◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:38 | 業績でみる株価