株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2020年08月14日

【株式市場】日経平均は後場小動きに終始し小幅高で4日続伸、TOPIXは小反落

◆日経平均は2万3289円36銭(39円75銭高)、TOPIXは1623.38ポイント(0.77ポイント安)、出来高概算(東証1部)は10億5553万株

 8月14日(金)後場の東京株式市場は、日本製鉄<5401>(東1)三井不動産<8801>(東1)が一段値を消して始まるなど、景気敏感型の銘柄が冴えず、日経平均は10円高で始まったまま小動きを続けた。大引けも小幅高で値を保ち4日続伸し2月21日以来の水準を回復。一方、TOPIXは小安くなり4日ぶりに反落。

 後場は、ファンケル<4921>(東1)が一段ジリ高となり、機能性表示食品「尿酸サポート」の発表が材料視されて5日続伸。ユナイテッドアローズ<7606>(東1)は前澤友作氏の保有が思惑視され取引開始後に一段強含んだがその後は一進一退。ミズホメディ<4595>(東2)は新型コロナウイルスに関せる測定法の保険適用が材料視され大引けまで買い気配のままストップ高。イメージ情報開発<3803>(JQS)は業績予想の上方修正が好感され大引けまで買い気配のままストップ高。

 東証1部の出来高概算は10億5553万株(前引けは5億3214万株)、売買代金は2兆271億円(同1兆6813億円)。1部上場2173銘柄のうち、値上がり銘柄数は818(前引けは1021)銘柄、値下がり銘柄数は1276(同1082)銘柄。

 また、東証33業種別指数は12業種(前引けは17業種)が値上がりし、値上がり率上位は、サービス、医薬品、精密機器、保険、電気機器、食料品、石油/石炭、などとなった。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:06 | 今日のマーケット