株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2020年09月03日

【株式市場】日経平均は一時333円高まで上げコロナ急落後の回復相場で高値を更新

◆日経平均は2万3561円01銭(313円86銭高)、TOPIXは1637.75ポイント(14.35ポイント高)、出来高概算(東証1部)は5億2175万株

 9月3日(木)前場の東京株式市場は、NYダウの454ドル高などを受け、日経平均が277円高で始まった後すぐに333円36銭高(2万3580円51銭)まで上げた。米金利動向を受けて国内金利が低下したため不動産株や建設株が上げ、菅官房長官の立候補会見を受けて福島銀行<8562>(東1)などの地銀株も高い。日経平均は前引けにかけて再び300円高となり、コロナ急落後の回復相場で高値に進んだ。

 非鉄金属の国際市況や円安を受けて三井金属<5706>(東1)などの非鉄株が上げ、フジトミ<8740>(東1)などの商品株も高い。フレンドリー<8209>(東2)は大阪府による4人以下の飲食に2000円の補助が材料視されストップ高。BuySellTechnologies(バイセル)<7685>(東マ)はブランドバッグなどの古物オークション会社の子会社化が連日材料視され一段高。イハラサイエンス<5999>(JQS)は高純度液・純水等向けのクリーン流体配管が新型コロナワクチン製造に注目とされて急伸。

 東証1部の出来高概算は5億2175万株、売買代金は9857億円。1部上場2171銘柄のうち、値上がり銘柄数は1493銘柄、値下がり銘柄数は565銘柄。

 また、東証33業種別指数は31業種が値上がりし、非鉄金属、証券/商品先物、その他製品、不動産、化学、繊維製品、銀行、輸送機器、保険、などが高い。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:59 | 今日のマーケット