株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2020年09月14日

ミロク情報サービスはサイトビジット社と業務提携し電子契約・契約管理サービス『NINJA SIGN』を提供開始

 財務・会計システムおよび経営情報サービスを開発・販売するミロク情報サービス<9928>(東1)は、は、オンライン学習サービスやワンストップ契約サービスの提供等を行う株式会社サイトビジットと業務提携し、電子契約・契約管理サービス『NINJA SIGN(ニンジャサイン)』の提供を開始する。『NINJA SIGN』は契約書の作成、締結、また保管・管理までのすべてをオンラインで完結するワンストップサービスで、ワークフローを可視化できるのが特長。同サービスの提供で業務効率化と働き方改革を支援する。

 昨今、新型コロナウイルス感染症の拡大や働き方改革の推進により、企業におけるテレワーク・在宅勤務の導入が急速に進んでいる。しかしながら、経理や総務部門においては、請求書・契約書の作成や押印手続き、送付など「紙」をベースとした業務対応のために、出社を余儀なくされるケースが見受けられる。2020年10月に電子帳簿保存法が改正され、請求書や契約書などの国税関係帳簿書類を電子データで保存する要件規制が緩和されるなど、電子化推進に向け国の法整備が進む一方、複雑な法規制や電子契約に対するリテラシー、システム導入コスト等への不安が原因で、多くの企業が電子化に向けたサービスの導入を躊躇しているのが現状。

 こうした中、MJSは、財務・会計システムにおいて「電子帳簿ソフト法的要件認証」を取得し、会計事務所ならびに中堅・中小企業における法定帳簿の電子化の支援のほか、時間や場所を問わない働き方を支援する各種クラウドサービス等の提供を行っている。一方、サイトビジットは、契約書作成依頼、作成、レビュー、締結、保管までの契約業務フローをオンライン上で行えるワンストップ電子契約サービス『NINJA SIGN』の提供を通じ、契約業務の効率化を支援している。

 今回のサイトビジットとの提携により、MJSの全国8400カ所の会計事務所のパートナーシップと31カ所におよぶ拠点網を活かし電子契約・契約管理サービス『NINJA SIGN』を提供し、税理士・公認会計士事務所ならびに中堅・中小企業における契約書の作成、保管、管理に関する業務の効率化を支援する。

 ミロク情報サービスの財務・会計システムと『NINJA SIGN』をシステム連携することにより、MJSは会計事務所業界、中堅・中小企業におけるDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進し、より高度な業務効率化、生産性向上の実現を目指す。また、サイトビジットは、『NINJA SIGN』の販路を拡大し、電子契約サービスを世の中のインフラとして普及させることが可能になる。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:42 | 新製品&新技術NOW