株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2020年09月17日

ピクスタは反発の動き、20年12月期業績悪化懸念の織り込み完了

 ピクスタ<3416>(東マ)は、デジタル素材のオンラインマーケットプレイス「PIXTA」運営を主力としている。20年12月期は新型コロナウイルスの影響で未定としている。21年12月期の収益拡大を期待したい。株価は8月の直近安値圏から反発の動きを強めている。20年12月期業績悪化懸念の織り込みが完了したようだ。出直りを期待したい。

■デジタル素材のオンラインマーケットプレイス「PIXTA」を運営

 インターネット上で写真・イラスト・動画等のデジタル素材を販売するオンラインマーケットプレイス「PIXTA」運営を主力として、クリエイティブ・プラットフォーム事業を展開している。国内外のクリエイターからクラウドソーシング形式でデジタル素材を収集し、素材を必要とする法人・個人向けに販売する。

 また新規事業として、出張撮影プラットフォーム「fotowa」や、スマホ写真マーケットプレイス「Snapmart」も展開している。

■20年12月期予想は新型コロナ影響で未定

 20年12月期の連結業績予想は、期初時点では増収増益予想としていたが、8月14日に未定に修正した。新型コロナウイルスによる経済情勢の悪化で、特に飲食・旅行業界のクライアントの広告費用削減など不透明感が強く、外出自粛による出張撮影のキャンセルが発生していることなども考慮した。

 なお第2四半期累計は、売上高が前年同期比6.4%減収、営業利益が95.4%減益だった。新型コロナウイルスで4〜5月に、広告主の広告支出減少と制作に使用するデジタル素材需要の減少、外出自粛・イベント中止に伴う出張撮影自粛・キャンセルなどの影響を受けた。純利益は減損損失計上で赤字だった。

 当面は新型コロナウイルスの影響が懸念材料として意識されるが、21年12月期の収益拡大を期待したい。

■株価は反発の動き

 株価は8月の直近安値圏から反発の動きを強めている。20年12月期業績悪化懸念の織り込みが完了したようだ。出直りを期待したい。9月16日の終値は1299円、時価総額は約29億円である。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:50 | 株式投資ニュース