株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2020年09月28日

安江工務店はモミ合い上放れの動き、20年12月期は後半回復期待

 安江工務店<1439>(JQ)は愛知県を地盤に、住宅リフォーム事業を主力として住宅関連事業を展開している。20年12月期は新型コロナウイルスの影響を考慮して未定としている。後半の緩やかな回復を期待したい。株価は上値の重い展開だったが、モミ合い上放れの動きを強めている。出直りを期待したい。

■住宅リフォーム事業が主力

 愛知県を地盤に、住宅リフォーム事業(19年12月期売上構成比70%)を主力として、新築住宅事業(同21%)や不動産流通事業(同9%)も展開している。

 新規営業エリア開拓に向けてM&Aを積極活用している。17年9月には住宅リフォーム事業のN−Basic(兵庫県神戸市)を子会社化、18年5月には新築・住宅リフォーム事業のトーヤハウス(熊本県熊本市)を子会社化、20年1月にはインテリア業のアプリコット(兵庫県姫路市)を子会社化、20年3月にはマノモクハウジング(愛知県豊田市)の住宅リフォーム事業・不動産流通事業を譲り受けた。

 またAIを活用した新事業として、不動産事業者向け「RRAI」を21年度から拡大予定である。

■20年12月期は後半回復期待

 20年12月期第2四半期累計連結業績は、売上高が前年同期比1.5%減の23億12百万円で、営業利益が83百万円の赤字(前年同期は32百万円の黒字)だった。アプリコットの新規連結が寄与したが、新型コロナウイルスで住宅リフォーム事業で集客イベントを一部中止したことや、新築住宅事業で熊本の震災復興需要が一巡したことなどで減収だった。営業利益はM&A関連費用なども影響して赤字だった。

 通期の連結業績予想は新型コロナウイルスの影響を考慮して未定としている。後半の緩やかな回復を期待したい。

■株価はモミ合い上放れの動き

 株価は上値が重くモミ合い展開だったが、上放れの動きを強めている。業績悪化懸念の織り込みが完了したようだ。出直りを期待したい。9月25日の終値は1059円、時価総額は約14億円である。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:27 | 株式投資ニュース