株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2020年09月28日

メドレーは上値試す、20年12月期大幅増益予想で上振れの可能性

 メドレー<4480>(東マ)は、医療ヘルスケア領域の人材プラットフォーム事業、オンライン診療に関する医療プラットフォーム事業などを展開している。20年12月期大幅増益予想である。第2四半期累計の進捗率が高水準であり、通期予想は上振れの可能性が高いだろう。収益拡大を期待したい。株価は上場来高値を更新する展開だ。自律調整を交えながら上値を試す展開を期待したい。

■医療ヘルスケア領域の人材プラットフォームやオンライン診療システム

 19年12月東証マザーズに新規上場した。医療ヘルスケア領域求人・転職サイト「ジョブメドレー」運営の人材プラットフォーム事業を主力として、オンライン診療システム「CLINICS」や医療情報サービス「MEDLEY」運営の医療プラットフォーム事業も展開している。20年9月にはオンライン服薬指導も可能な調剤薬局窓口支援システム「Pharms」の提供を開始した。

■20年12月期大幅増益予想

 20年12月期連結業績予想(レンジ)は、売上高が66億円〜69億円(19年12月期比38.5%増〜44.8%増)、EBITDAが5億円〜8億円(2.0倍〜3.2倍)、営業利益が3億30百万円〜6億30百万円(2.2倍〜4.1倍)、経常利益が3億50百万円〜6億50百万円(96.2%増〜3.6倍)、純利益が3億円〜5億50百万円(19年12月期は3億81百万円の赤字)としている。

 第2四半期累計は売上高が35億64百万円、EBITDAが5億22百万円、営業利益が4億52百万円だった。利益は通期予想のレンジ下限値を上回った。成長に向けた投資を継続するため通期予想を据え置いたが、オンライン診療の機運の高まりも背景として通期上振れの可能性が高いだろう。収益拡大を期待したい。

■株価は上値試す

 株価は上場来高値を更新する展開だ。自律調整を交えながら上値を試す展開を期待したい。9月25日の終値は4945円、時価総額は約1494億円である。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:34 | 株式投資ニュース