株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2020年10月16日

【株式市場】TOPIXは小安いが好決算株など高く日経平均はファーストリテ効果で堅調

◆日経平均は2万3523円37銭(16円14銭高)、TOPIXは1627.14ポイント(4.65ポイント安)、出来高概算(東証1部)は少な目で4億2110万株

 10月16日(金)前場の東京株式市場は、パリの夜間外出禁止などを受けた欧州株の全面安が影響し、日経平均は取引開始直後に41円81銭安(2万3465円42銭)まで軟化した。中で、日本製鉄<5401>(東1)川崎汽船<9107>(東1)などの景気敏感株はしっかり。日経平均はファーストリテ<9983>(東1)の好決算高に引き上げられて10時過ぎに31円51銭高(2万3538円74銭)まで切り返し、前引けも堅調だった。TOPIXや東証マザーズ指数は小安い。

■今日上場のアースインフィニティは買い気配

 セラク<6199>(東1)が大幅増益の8月決算と今期予想など好感されてストップ高。アダストリア<2685>(東1)は自社株買いが好感されて急伸。ユニバンス<7254>(東2)タイ通貨安などが言われて急伸ストップ高。グッドパッチ<7351>(東マ)出前館<2484>(JQS)は8月決算と今期・中期予想などが注目されストップ高。

 16日新規上場のアースインフィニティ<7692>(JQS)は公開価格1970円を71%上回る3360円の買い気配。

 東証1部の出来高概算は少な目で4億2110万株、売買代金は8230億円。1部上場2179銘柄のうち、値上がり銘柄数は938銘柄、値下がり銘柄数は1092銘柄。

 また、東証33業種別指数は10業種が値上がりし、海運、証券/商品先物、鉄鋼、電力・ガス、倉庫/運輸、銀行、保険、などが高い。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:12 | 今日のマーケット