株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2020年10月20日

ケイアイスター不動産:生産性向上アプリを独自にカスタマイズし分譲住宅の品質向上や現場監督の管理棟数3割拡大など目指す

■「KIzuku PRO」を導入し建築現場の管理効率化を推進

 ケイアイスター不動産<3465>(東1)は10月20日午前、住宅建築現場の管理効率化などを一層進める目的で、独自にカスタマイズした建築現場向けコミュニケーションアプリ「KIzuku PRO」(気づくプロ)を導入し、現場監督一人あたりの年間管理棟数を平均30%伸ばすと発表した。株価は前場2811円(70円高)まで上げて出直りを強めた。

■直近3年で新築販売棟数が58%も増加し管理効率化が課題に

 同社では、2018年から20年の3年間で新築販売棟数が58%も増加し、現場の管理効率化が課題となっていた。この間、コムテックス株式会社(富山県高岡市)の建築現場向けコミュニケーションアプリ「Kizuku」の運用によって、現場監督一人あたりの年間管理棟数を導入前に比べて平均20%増加することができ、全社の建築現場の管理日数率(用地仕入れから物件引き渡しまで)は約20%短縮した。

■「KIzuku PRO」はクラウド環境で工程表や施工品質検査などまで情報管理

 カスタマイズを加えた「KIzuku PRO」は、こうした実績をベースにしているため、「今後、さらなる効率化を実現する環境が整った」(戦略開発本部)。「KIzuku PRO」の導入と並行して、請求・発注書のデジタル化なども進め、現場監督一人あたりの年間管理棟数をさらに平均30%伸ばすなどの効率化を推進する。

 カスタマイズしたアプリ「KIzuku PRO」は、同社の建築現場に関わる企業や作業者のための独自の「現場支援アプリ」になる。クラウド環境のもと、工事の段取りから現場の進捗確認、工程表や施工品質検査など、建築現場に関わる様々な情報を管理する。

 コミュニケーションの中心となるトーク機能では、物件ごとにグループチャットができ、関係する全ての人と現場の状況をリアルタイムで共有できる。工事報告書の作成では、写真撮影、品質、工事完了などの報告書作成から承認など、現場管理に必要な機能が搭載され、すべてが1つのシステム上で完結するため、取引会社の負担の軽減、時間コストの削減も可能になった。

 今後は、請求・発注書のデジタル化にするなど、IT化を進め、現場監督一人あたりの年間管理棟数においてはさらに平均30%増を目指す計画だ。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:54 | 新製品&新技術NOW