株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2020年10月20日

【株式市場】日経平均は後場一段とダレ模様になり反落するがマザーズ指数、日経JQ平均は高い

◆日経平均は2万3567円04銭(104円09銭安)、TOPIXは1625.74ポイント(12.24ポイント安)、出来高概算(東証1部)は少な目で9億2369万株

 10月20日(火)後場の東京株式市場は、上海株安などが言われてトヨタ自動車<7203>(東1)が一段軟調に始まるなど、主力株の一角が値を消した。日経平均も一段軟調に始まり、もみ合いながら14時過ぎに152円84銭安(2万3518円29銭)まで下げる場面があった。大引けも戻しきれず前日比で反落。一方、東証マザーズ指数、日経JASDAQ平均は2日続伸となった。

 後場は、メディカル・データ・ビジョン<3902>(東1)が一段高となり高値更新幅を広げ、健診結果などをWeb上に保管できるアプリ「カルテコ」の公開やトップのラジオ投資番組での声など材料視。PALTEK<7587>(東2)は米社のエッジコンピューティング新製品開始などが材料視され一時ストップ高。メディカルネット<3645>(東マ)は中期展望発表から再び動意を強める中で一段高となり2日連続ストップ高。シーズメン<3083>(JQS)は10月初から26日まで開催中の32周年誕生祭が好調とされて14時前から急伸ストップ高。

 東証1部の出来高概算は9億2369万株(前引けは4億3555万株)、売買代金は1兆7349億円(同7968億円)。1部上場2180銘柄のうち、値上がり銘柄数は536(前引けは771)銘柄、値下がり銘柄数は1593(同1307)銘柄。

 また、東証33業種別指数で高い業種は、海運、小売り、の2業種のみだった。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:42 | 今日のマーケット