株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2020年10月22日

【株式市場】急激な円高のため指数先物が重く日経平均は前引けにかけて一時187円安

◆日経平均は2万3454円85銭(184円61銭安)、TOPIXは1618.19ポイント(19.41ポイント安)、出来高概算(東証1部)は少なく4億780万株

 10月22日(木)前場の東京株式市場は、1ドル104円台への急激な円高とNY株安を受け、株価指数の先物が先行安し、日経平均は取引開始後に179円安の2万3459円まで下げた。TDK<6762>(東1)ファナック<6954>(東1)などは堅調でファーストリテ<9983>(東1)も高いが、日経平均は前引け間際に187円22銭安(2万3452円24銭)をつけた。

 島忠<8184>(東1)へのTOBに意欲的とされるニトリHD<9843>(東1)が次第安となり、
島忠は続伸。NOK<7240>(東1)やシステム・ロケーション<2480>(JQS)が業績予想の増額など好感されて急伸。川崎近海汽船<9179>(東2)は首相のインドネシアなど歴訪による経済活発化などが期待され大きく出直り、ランシステム<3326>(JQS)はJR東日本<9020>(東1)の終電繰り上げによりネットカフェ利用増への期待とされストップ高。

 東証1部の出来高概算は少なく4億780万株、売買代金は8347億円。1部上場2180銘柄のうち、値上がり銘柄数は349銘柄、値下がり銘柄数は1749銘柄。

 また、東証33業種別指数は非鉄金属、ゴム製品の2業種の値上がりにとどまった。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:13 | 今日のマーケット