株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2020年10月23日

ジェイテックコーポレーションは上値試す、21年6月期大幅増収増益予想

 ジェイテックコーポレーション<3446>(東1)は、オプティカル事業とライフサイエンス・機器開発事業を展開する研究開発型企業である。21年6月期は大幅増収増益予想としている。収益拡大を期待したい。株価は急伸して年初来高値を更新した。その後は利益確定売りが優勢の形だが、自律調整を交えながら上値を試す展開を期待したい。

■オプティカル事業とライフサイエンス・機器開発事業の研究開発型企業

 放射光施設向けX線ナノ集光ミラーなどのオプティカル事業(放射光用超高精度形状ミラーの開発・製造・販売)と、自動細胞培養装置やバイオ関連自動化装置などのライフサイエンス・機器開発事業(医療・バイオ向け各種自動化システムの開発・製造・販売)を展開している。

 世界最高水準のナノ表面創成技術(加工技術・計測技術)をベースとして、公的研究機関・大学との産学連携で、ニッチトップ製品の量産化・事業化を図る研究開発型企業である。

 現在はオプティカル事業が収益柱(20年8月期売上構成比81%)で、ライフサイエンス・機器開発事業(同19%)を将来の成長ドライバーとして育成している。なお海外放射光施設からの受注時期の偏りで、売上が第4四半期に偏重する傾向がある。

■21年6月期大幅増収増益予想

 21年6月期業績(非連結)予想は、売上高が20年6月期比40.4%増の14億43百万円で、営業利益が2億15百万円(20年6月期は5百万円)、経常利益が2億37百万円(同34百万円)、純利益が1億63百万円(同16百万円)としている。

 新型コロナウイルスの影響で売上が今期にズレ込んだ案件も寄与して大幅増収増益予想としている。収益拡大を期待したい。

■株価は上値試す

 株価(20年9月28日付で東証マザーズから東証1部へ市場変更)は急伸して年初来高値を更新した。東証1部への市場変更も好感したようだ。その後は利益確定売りが優勢の形だが、自律調整を交えながら上値を試す展開を期待したい。10月22日の終値は4105円、時価総額は約240億円である。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:53 | 株式投資ニュース