株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2020年10月26日

マーチャント・バンカーズがエストニアでの事業統括会社としてBFH社を子会社化

■暗号資産交換所「ANGOO Fintech」の運営を11月から移管

 マーチャント・バンカーズ<3121>(東2)は10月26日の取引終了後、現在14.9%出資している株式会社バルティック・フィンテック・ホールディングス(東京都千代田区、以下「BFH社」)への出資比率を50%として子会社化すると発表した。

 そして、これまで、子会社MBKブロックチェーン株式会社が行ってきた欧州エストニアでの暗号資産(仮想通貨)交換所「ANGOO Fintech」(アンゴウフィンテック)の運営を2020年11月よりBFH社に移管するなどで、マーチャント・バンカーズグループのエストニアでの事業統括会社と位置づけるとした。

 マーチャント・バンカーズグループは現在、エストニアでの事業として、暗号資産(仮想通貨)交換所「ANGOO Fintech」で、(1)法定通貨(円、ドルやユーロなど)から仮想通貨への交換、(2)仮想通貨から法定通貨への交換、(3)送金サービス(法定通貨も含む)、(4)クレジットカードと連携した「ANGOO Fintech」口座での、ショッピング等の代金の決済サービス(法定通貨も含む)、(5)クレジットカードからの「ANGOO Fintech」口座への入金サービス、を行っている。

 これらについて、BFH社として、暗号資産(仮想通貨)交換所「ANGOO Fintech」の運営を行うこととし、グループにおける「ANGOO Fintech」の位置づけを明確化して、エストニアでの事業に取り組むとした。

 また、BFH社として、M&Aや業務提携により、ブロックチェーン技術をベースとした決済プラットフォーム事業など、エストニアを起点に、在エストニア日本国大使館や、エストニア政府との協力関係を生かし、世界各国に展開していくとした。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:26 | IR企業情報