株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2020年10月27日

綿半HDが第2四半期、3月通期の利益予想を増額修正、「巣ごもり需要」など想定以上

■利益増額は2度目、第2四半期の営業利益は前年同期の2.5倍に

 綿半ホールディングス(綿半HD)<3199>(東1)は10月26日の取引終了後、2021年3月期・第2四半期(2020年4〜9月、累計)、および3月通期の連結業績予想の修正を発表し、第2四半期累計の予想営業利益は従来予想を29.9%引き上げて23.0億円の見込み(前年同期の2.5倍)、とし、同じく親会社株主に帰属する四半期純利益は35.6%引き上げて15.44億円の見込み(同2.8倍)とした。第2四半期の決算発表は10月29日を予定する。

 第2四半期累計期間は、引き続き新型コロナによる「巣ごもり需要」が想定以上に継続し、DIY・園芸用品など、利益率の高い商品が好調に推移した。また、原価低減、販売促進費の削減、リモート会議の活用による交通費の削減なども寄与した。売上高は小幅下方修正したが、利益予想の増額修正は7月30日発表に続いて2度目になる。

 また、3月通期の連結業績予想については、小売事業における新規出店、改装の前倒しによるコスト増加や一部休業の影響、建設事業において新型コロナウイルス感染症の影響による工期の遅れや受注の減少が見込まれるとしたが、営業利益は従来予想を5.1%引き上げて31.0億円の見込み(前期比17.6%増)とし、親会社株主に帰属する当期純利益は同11.4%引き上げて21.0億円の見込み(同38.2%増)とした。新たな予想1株利益は106円06銭。(HC)


◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:04 | IR企業情報