株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2020年10月28日

フロンティアインターナショナルは下値切り上げ、21年4月期は後半回復期待

 フロンティアインターナショナル<7050>(東マ)は、イベント企画・制作会社としてプロモーション事業を展開している。21年4月期予想は未定としている。当面は新型コロナウイルスの影響が避けられないが、後半の回復基調を期待したい。株価は安値圏でモミ合う形だが徐々に下値を切り上げている。業績悪化懸念の織り込み完了して出直りを期待したい。

■イベント企画・制作会社としてプロモーション事業を展開

 イベント企画・制作会社として、プロモーション事業(イベントプロモーション、キャンペーンプロモーション、PR、スペースプロデュース、デジタルプロモーション、店頭販売支援)を展開している。

 企画・制作・演出・運営といった種々の機能によって生成されるトータル・プロモーションを特徴・強みとしている。20年4月期の実施案件の一例として、初の無観客開催となった「東京ガールズコレクション 2020S/S」イベントの運営・進行などがある。

■21年4月期は新型コロナ影響だが後半回復期待

 21年4月期連結業績予想は未定としている。第1四半期は、売上高が前年同期比25.8%減の19億70百万円、営業利益が1億94百万円の赤字(前年同期は1億20百万円の黒字)だった。新型コロナウイルス感染予防のためのイベント自粛や外出自粛の影響を受けた。

 通期ベースでも新型コロナウイルスの影響が避けられないが、イベントのオンライン化や、インフルエンサーを活用した高品質なLive生配信イベントパッケージ開発などの対策を進めている。後半の回復基調を期待したい。

■株価は下値切り上げ

 株価は安値圏でモミ合う形だが徐々に下値を切り上げている。業績悪化懸念の織り込み完了して出直りを期待したい。10月27日の終値は1437円、時価総額は約65億円である。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:49 | 株式投資ニュース