株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2020年10月31日

京写は新型コロナ影響で21年3月期赤字予想

(決算速報)
 京写<6837>(JQ)は10月30日の取引時間終了後に21年3月期第2四半期累計の連結業績を発表した。新型コロナウイルスによる経済収縮の影響で減収・赤字だった。未定としていた通期予想は減収・赤字予想とした。また配当予想は無配とした。当面は厳しい状況だが、後半から需要が回復に向かうことを期待したい。株価は徐々に下値を切り上げている。目先的には無配を嫌気しても、業績悪化懸念を織り込み済みで下値限定的だろう。

■21年3月期2Q累計は新型コロナ影響で赤字、通期も赤字・無配予想

 21年3月期第2四半期累計連結業績は、売上高が前年同期比18.0%減の78億60百万円、営業利益が1億73百万円の赤字(前年同期は54百万円の黒字)、経常利益が1億72百万円の赤字(同51百万円の黒字)、純利益が3億35百万円の赤字(同35百万円の黒字)だった。

 新型コロナウイルスによる経済収縮の影響で、自動車関連、事務機関連、LED照明関連などの需要が大幅に減少した。なお中国の連結子会社(京写広州)において、中国税務当局からの指摘に基づいて、07年度から19年度までの移転価格税制に関する調査を行った結果、更生通知を受ける見込みとなったため、追加納税見込額1億70百万円を過年度法人税等として計上した。

 未定としていた通期の連結業績予想および配当予想を公表し、売上高が20年3月期比12.7%減の166億円、営業利益が2億70百万円の赤字(20年3月期は70百万円の黒字)、経常利益が2億10百万円の赤字(同98百万円の黒字)、純利益が5億60百万円の赤字(同1百万円の黒字)とした。配当は無配とした。

 新型コロナウイルスによる需要減少に加えて、ベトナム子会社の生産開始準備費用として3億円の発生も見込んでいる。当面は厳しい状況だが、後半から需要が回復に向かうことを期待したい。

■株価は下値限定的

 株価は徐々に下値を切り上げている。目先的には無配を嫌気しても、業績悪化懸念を織り込み済みで下値限定的だろう。10月30日の終値は266円、時価総額は約39億円である。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:32 | 決算発表記事情報