株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2020年11月21日

マルマエの受注残高(10月)は半導体分野が引き続き牽引し13%増加

■その他分野ではスマートフォン筐体向けの受注が増加

 マルマエ<6264>(東1)の「2020年10月度の月次受注残高」(11月20日の取引終了後に発表)は、半導体分野が引き続き好調に推移し、その他分野ではスマートフォン筐体向けの受注が増加し、全体で前年同月比13.0%増の8.64億円となった。

■FPD分野は市場停滞だがシェア伸び受注環境は底打ち感

 半導体分野は、検収が好調のなか、受注も急回復したことから、前年同月比45.8%増の6.39億円となった。一方、FPD分野は、受注が低調でありながら、検収は順調に推移したことから、同45.4%減の1.76億円となった。また、その他分野では、スマートフォン筐体向けの受注があったことから、同1135.3%の増加(前月比488.5%増)となった。

 今後の見通しとしては、半導体分野では、前月までの一時的な停滞が急回復傾向にあり、さらに来年3月にかけても全般的に強い動きが続く見通しをもっている。FPD分野では、市場環境は来年半ばまで停滞が続く予想だが、新規の引き合いが増えるなど改善傾向が出ていることと、当社シェア拡大の効果も出始めており、受注環境には底打ち感がある。その他分野では、小規模ながらスマートフォン筐体向けの受注があるほか、太陽電池製造装置関連の引き合いも受けているとした。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:11 | IR企業情報