株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2020年11月24日

加賀電子は米半導体株指数の最高値など受け買い気配で始まり続伸基調

■日経平均なども大幅高のなか割安感が強まる

 加賀電子<8154>(東1)は11月24日、買い気配で始まった後2099円(45円高)まで上げ、続伸基調となっている。米SOX(フィラデルフィア半導体株指数)が最高値を更新したと伝えられ、半導体商社として注目が強まった様子。また、PERは6倍台、PBRは0.6倍前後に過ぎず、日経平均の大幅高を受けて割安感を意識せざるを得ない情勢になっている。

 来年の世界半導体需要は、データセンター向けの拡大や「5G」需要の本格化などにより一段と強含むとの見方が出ているもようだ。同社は、「月3000モデル、100枚単位の多品種・小ロットの基板」でも受託できるEMS(受託製造)事業を展開し、世界19拠点の自社工場で展開中。今期の連結営業利益は3ヵ月ごとに拡大しており、回復傾向が目立つ。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:37 | 業績でみる株価