株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2020年11月27日

加賀電子はEMS(受託製造)好調で株価続伸し直近の高値に迫る

■電子医療機器向け拡大し車載向けは底打ち傾向、新規受注が増加

 加賀電子<8154>(東1)は11月27日、続伸基調で始まり、9時40分に2275円(71円高)まで上げて10月につけた直近の高値2350円に迫っている。

 世界19拠点の自社工場でEMS(受託製造)事業を展開し、「月3000モデル、100枚単位の多品種・小ロットの基板」でも受託できる小回りの利く対応が特色。この第2四半期の3ヵ月は、電子医療機器向けが北米向けに拡大し、車載向けは底打ち傾向、国内カメラメーカー、空調向けは回復に転じ、新規受注は4社になり通常の四半期に比べ大きく増えたとしている。

 期初から第2四半期までの業績推移をみると、営業利益は第1四半期の3ヵ月間(4〜6月)が16.6億円、続く第2四半期の3ヵ月間(7〜9月)は27.8億円。回復傾向が顕著といえる。11月初旬に今3月期の連結業績予想の増額修正を発表したが、上期に好調だった分を上乗せした形になっており、下期も好調推移が続けば予想を上振れる可能性が強まってくるといえる。(HC)


◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:09 | 業績でみる株価