株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2020年11月30日

グッドパッチはレシート買取アプリ会社への出資など好感され後場一段高

■今8月期の予想営業利益37%増を見込むとなど一段の拡大を想定

 グッドパッチ<7351>(東マ)は11月30日の後場寄り後に一段高の2966円(235円高)まで上げ、出直りを強めている。同日付で、レシート買取アプリ会社への出資を決定と発表し、注目されている。

 有力なスタートアップへの出資を行う「Goodpatch Design Fund(グッドパッチ・デザイン・ファンド」がWED株式会社(東京都渋谷区、山内奏人代表取締役社長)への出資を決定し、レシート買取アプリ「ONE」よって得た販促データを活用し、各企業に膨大な販促情報の橋渡しを行い、既存の広告や販促施策を代替することを目指すとした。

 2020年8月期の連結決算は売上高が前期比27.3%増加し、営業利益は同2.9倍になるなどで大幅に拡大。今期・21年8月期の予想は売上高を21%増、営業利益を37%増とするなど、一段の拡大を想定する。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:38 | 材料でみる株価