株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2020年11月30日

【株式市場】出来高・売買代金とも後場急増、日経平均は一時239円安まで下押して5日ぶりに安い

◆日経平均は2万6433円62銭(211円09銭安)、TOPIXは1754.92ポイント(31.60ポイント安)、出来高概算(東証1部)は急増し24億8779万株

 11月30日(月)後場の東京株式市場は、正午過ぎにかけて円高が進んだことを受け、日経平均は前引けを40円強下回る水準で始まった。ソニー<6758>(東1)東京エレクトロン<8035>(東1)は高いまましばらく横ばいを続けたが、トヨタ自動車<7203>(東1)などは取引開始からジリ安基調。日経平均は14時過ぎに238円88銭安(2万6405円83銭)まで下押し、大引けは5日ぶりの下落となった。

 後場は、クボテック<7709>(東1)がいきなり急伸し、画像処理関連事業t−無発足の発表が材料視され、ダイキアクシス<4245>(東1)はインド政府が同社製品を推奨認可との発表で13時過ぎから急伸しストップ高。天昇電気<6776>(東2)医療廃棄物の専用容器が拡大とされ後場ストップ高。スマレジ<4431>(東マ)は大手証券の投資判断が材料視され一段高。不二精機<6400>(JQS)は収益の高進ちょく率などで上げた相場に信用取引規制が入り注目されたが週明けは買い方有利となり一段高。

 本日新規上場のバリオセキュア<4494>(東2)は9時7分に公開価格2250円を4%)下回る2150円で売買が成立し初値がつき、高値は前場の2244円、大引けは2010円。

 東証1部の出来高概算は急増し24億8779万株(前引けは5億9128万株)、売買代金も後場増加して4兆7663億円(同1兆2122億円)。1部上場2177銘柄のうち、値上がり銘柄数は335(前引けは659)銘柄、値下がり銘柄数は1810(同1448)銘柄。

 また、東証33業種別指数は、その他製品1業種のみ(前引けは8業種)の値上がりにとどまった。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:02 | 今日のマーケット