株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2021年01月13日

【株式市場】日経平均は後場339円高まで上げ、連動投信に過剰流動性の見方もあり1990年以来の高値水準で4日続伸

◆日経平均は2万8456円59銭(292円25銭高)、TOPIXは1864.40ポイント(6.46ポイント高)、出来高概算(東証1部)は12億3956万株

 1月13日(水)後場の東京株式市場は、前引けにかけてダレたファナック<6954>(東1)が再び上げ、TDK<6762>(東1)太陽誘電<6976>(東1)は米国での上げや5G需要などで一段ジリ高。日経平均は「時短協力金」が連動投信などに過剰流動性をもたらしたとの見方もあり、339円09円高(2万8503円43銭)まで一段高となり、1990年8月以来の高値水準で4日続伸となった。

 後場は、日本製鉄<5401>(東1)もジリ高。ナルミヤ・インター<9275>(東1)は四半期決算が注目されて一段と上げ13時過ぎからストップ高。アルプス物流<9055>(東2)は半導体・電子部品物流の回復期待など言われて一段高。TKP<3479>(東マ)はテレワーク需要を取り込む体制整備が進んできたとの見方あり反発。新コスモス電機<6824>(JQS)は「三密お知らせシステム換気予報」などが注目されストップ高。

 東証1部の出来高概算は12億3956万株(前引けは6億529万株)、売買代金は2兆7356億円(同1兆2807億円)。1部上場2186銘柄のうち、値上がり銘柄数は1232(前引けは1087)銘柄、値下がり銘柄数は856(同1044)銘柄。

 また、東証33業種別指数は25業種(前引けは22業種)が値上がりし、値上がり率上位は、鉱業、石油/石炭、海運、金属製品、ゴム製品、卸売り、情報/通信、保険、ガラス/土石、陸運、電気機器、などとなった。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:48 | 今日のマーケット