株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2021年01月15日

【株式市場】日経平均は取引開始後の122円高を上値にダレ模様となり軟調だが半導体関連株など強い

◆日経平均は2万8639円05銭(59円21銭安)、TOPIXは1863.81ポイント(9.47ポイント安)、出来高概算(東証1部)は6億5083万株

 1月15日(金)前場の東京株式市場は、アドバンテスト<6758>(東1)が一段高で始まるなど、昨14日の終盤に値を消した半導体株が復調。業績予想を増額したキヤノン<7751>(東1)なども活況高。日本航空<9201>(東1)も高い。ただ、取引開始後に伝えられたバイデン次期米大統領の景気対策1.9兆ドル(200兆円)は想定内とされ、日経平均は朝方の122円24銭高(2万8820円50銭)を上値に値を消し、前引けは軟調だった。

 JPホールディングス<2749>(東1)が活況高となり、学研HD<9470>(東1)との資本業務提携などを好感。日本アジアG<3751>(東1)は旧・村上ファンド系とされる資金による買収が材料視されて急伸。パシフィックネット<3021>(東2)は四半期決算が好感され活況高。Sansan<4443>(東マ)は東証1部への移籍決定で急伸。Mipox<5381>(JQS)はパワー半導体が注目されストップ高。

 東証1部の出来高概算は6億5083万株、売買代金は1兆4587億円。1部上場2189銘柄のうち、値上がり銘柄数は580銘柄、値下がり銘柄数は1505銘柄。

 また、東証33業種別指数は8業種が値上がりし、鉱業、石油/石炭、ゴム製品、空運、食料品、などが高い。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:04 | 今日のマーケット