株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2021年01月21日

【株式市場】「自粛」が逆風の銘柄も高く日経平均は後場も上げ幅200円台を保ち大幅に反発

◆日経平均は2万8756円86銭(233円60銭高)、TOPIXは1860.84ポイント(11.06ポイント高)、出来高概算(東証1部)は11億4447万株

 1月21日(木)後場の東京株式市場は、外出自粛などが逆風になる三越伊勢丹HD<3099>(東1)JR東日本<9020>(東1)が一段強含んで始まり、日経平均も13時にかけて282円高(2万8806円)まで再び上向いた。その後は、日銀の金融政策決定会合(20〜21日)の結果に新味がないとされ、日本製鉄<5401>(東1)が軟調に転換。日経平均はややダレながらもみ合ったが、大引けも値を保ち大幅に反発した。

 後場は、新型コロナ病床増設の動きなどで日本光電<6849>(東1)が反発幅を広げ、住友林業<1911>(東1)は森林を保有するため温暖化ガス取引で有利とされて一段ジリ高。BASE<4477>(東マ)はネットショップ作成サービス好調との見方で再び急伸。MHグループ<9439>(JQS)は引き続きエネチェンジ<4169>(東マ)との提携が材料視されて活況高。

 東証1部の出来高概算は11億4447万株(前引けは6億61万株)、売買代金は2兆4955億円(同1兆2859億円)。1部上場2190銘柄のうち、値上がり銘柄数は1298(前引けは1301)銘柄、値下がり銘柄数は785(同773)銘柄。

 また、東証33業種別指数は28業種(前引けは26業種)が値上がりし、値上がり率上位は、最ビス、情報/通信、金属製品、石油/石炭、建設、精密機器、機械、小売り、卸売り、化学、輸送用機器、などとなった。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:56 | 今日のマーケット