株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2021年01月22日

【株式市場】景気敏感株の足並みそろわず日経平均は後場も軟調に推移し前日比で反落

◆日経平均は2万8631円45銭(125円41銭安)、TOPIXは1856.64ポイント(4.00ポイント安)、出来高概算(東証1部)は12億1752万株

 1月22日(金)後場の東京株式市場は、ホンダ<7267>(東1)高島屋<8233>(東1)などが一段安く始まり、政府が東京五輪の無観客開催も選択肢と伝えられたため景気に影響との見方があった様子。一方、前場ジリ安だったTDK<6762>(東1)は回復など調整一巡の銘柄も。日経平均は前引けより30円ほど安く始まったあと徐々に下げ幅を縮め、一時60円09銭安(2万8696円77銭)まで戻す場面があった。前日比では反落。

 後場は、日本郵船<9101>(東1)が13時にかけて再び上値を指向し、川崎汽船<9107>(東1)は大引けにかけて尻上がりになり、中国発のコンテナ運賃上昇など材料視。エイトレッド<3969>(東1)は四半期2ケタ増益などが好感されジリ高継続。日本化学産業<4094>(東2)は2次電池用正極材を住友鉱<5713>(東1)が増産との報道が材料視され一段高。ALBERT<3906>(東マ)は12月のマイナビとの提携などが言われて一段ジリ高。アクセスG・HD<7042>(JQS)は今3月期からの優待開始などが材料視され出直り拡大。

 東証1部の出来高概算は12億1752万株(前引けは6億4061万株)、売買代金は2兆3734億円(同1兆2429億円)。1部上場2190銘柄のうち、値上がり銘柄数は694(前引けは707)銘柄、値下がり銘柄数は1416(同1360)銘柄。

 また、東証33業種別指数は11業種(前引けは14業種)が値上がりし、値上がり率上位の業種は、海運、その他製品、電力/ガス、石油/石炭、化学、精密機器、ゴム製品、建設、などとなった。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:52 | 今日のマーケット