株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2021年01月27日

シャノンは調整一巡、21年10月期大幅増収増益予想

 シャノン<3976>(東マ)はマーケティングクラウドを展開している。21年10月期は先行投資負担を吸収して大幅増収増益予想としている。収益拡大を期待したい。株価は戻り高値圏から急反落したが、調整一巡感を強めている。出直りを期待したい。

■マーケティングクラウドを展開

 企業のマーケティング課題を解決するマーケティングクラウド、および関連する総合コンサルティングを展開している。

 シャノンマーケティングプラットフォームをコア技術として、MA(マーケティングオートメーション)とEM(イベントマーケティング)のサービスを提供し、中期成長に向けてMAサブスクリプションの拡大を重点課題としている。

 20年6月にはブイキューブ<3681>と企業のオンラインセミナー開催支援サービスで連携、Jストリーム<4308>と企業のオンラインイベント開催支援サービスで連携した。20年12月にはバーチャルイベントサービスの子会社ZIKUを設立した。

■21年10月期大幅増収増益予想

 21年10月期連結業績予想は、売上高が20年10月期比20.1%増の21億46百万円、営業利益が44.7%増の58百万円、経常利益が73.5%増の63百万円、純利益が42.1%増の80百万円としている。

 売上高の計画は、MAが17.7%増収(MAサブスクリプションが10.0%増収、MAプロフェッショナルが36.6%増収)で、EMが28.3%増収としている。いずれも大幅伸長して、積極採用による人件費の増加など先行投資負担を吸収する見込みだ。収益拡大を期待したい。

■株価は調整一巡

 株価は20年12月期決算発表を機に戻り高値圏から急反落の形となったが、調整一巡感を強めている。出直りを期待したい。1月26日の終値は1952円、時価総額は約29億円である。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:08 | 株式投資ニュース