株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2021年02月22日

マーチャント・バンカーズグループのエストニア事業統括会社が同国の暗号資産事業会社と業務提携

■バルティック・フィンテック・HDとinterakttechsol社

 マーチャント・バンカーズ<3121>(東1)の子会社でエストニアにおける事業統括会社(株)バルティック・フィンテック・ホールディングス」(以下BFH社)は、2月22日、エストニアで暗号資産交換所「bitbaazi」を運営するinterakt techsol OÜ(interakttechsol社)との業務提携を行い、暗号資産取引の活発化、新規暗号資産の紹介、暗号資産交換所の効率運営などで協働するとした。マーチャント・バンカーズが同日15時40分に発表した。

■interakttechsol社は口座7万人超、22トークン46ペアを取引

 子会社BFH社は、エストニアで暗号資産交換所「ANGOO Fintech」を運営するなど、マーチャント・バンカーズグループのエストニアでの事業統括会社と位置づけ、ブロックチェーン技術を活用した金融サービス(フィンテック)に加え、グループとして、決済プラットフォーム事業など、電子立国として世界の最先端をゆくエストニアを起点にした事業を、ワールドワイドに展開している。

 一方、interakt techsol社は、優れたブロックチェーン技術をバックグラウンドに、エストニアで暗号資産交換所「bitbaazi」を運営しており、口座開設顧客数70,000人を抱え、22トークン、46ペアの交換及び相対取引を行っている。「bitbaazi」は、投資家からの売買手数料収入を志向するのではなく、決済手段やゲームでのコインとしての活用など、暗号資産の実用性や利便性に注目し、暗号資産の流通の促進を志向している。

 マーチャント・バンカーズグループは、暗号資産を活用したさまざまな金融サービスや、暗号資産を活用した不動産売買や医療サービスの効率化を志向するため、提携による相乗効果が期待できることから、今般、業務提携することとした。

 具体的な業務提携の内容は、(1)「ANGOO Fintech」と「bitbaazi」の顧客の相互紹介、API接続、(2)「ANGOO Fintech」で取扱っている米ドル連動型ステープルコイン「XUSB」、暗号資産「Z502」の決済手段としての活用、並びに流動性向上策の検討、(3)新規取扱いトークンの紹介、など。

 また、エストニアは親日といわれており、日本の不動産への需要を期待し、当社が株式会社Interakt(東京都渋谷区、塚本愛乃代表取締役)と共同開発する不動産プラットフォーム事業において、「bitbaazi」との提携も模索していく。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:29 | 新製品&新技術NOW