株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2021年02月26日

【株式市場】米金利上昇などで先物が先行安し日経平均は一時949円安まで下げるが徐々に回復

◆日経平均は2万9446円17銭(722円10銭安)、TOPIXは1888.18ポイント(37.05ポイント安)、出来高概算(東証1部)は7億3432万株

 2月26日(金)前場の東京株式市場は、NY株の金利上昇などによる大幅反落を受け、株価指数の先物が先行安し、日経平均は414円安で始まり9時40分頃に949円12銭安(2万9219円15銭)まで下押す場面があった。ただ、新規上場の2銘柄(下段)は買い気配を上げ続け、業績予想を増額した住友電工<5802>(東1)は10時頃から堅調転換。日経平均も徐々に持ち直した。

 国内金利も上昇し、新発20年債利回りは18年12月以来の水準とされ、第一生命HD<8750>(東1)は9時半頃に堅調転換してジリ高傾向。綿半HD<3199>(東1)は株主優待の拡充が好感されて朝寄りから終始堅調。ギグワークス<2375>(東2)は株式分割が好感され終始堅調。G−FACTORY<3474>(東マ)は廉価うな丼チェーンのタイ国変化委発表など材料視されストップ高。菊水電子<6912>(JQS)は利益予想の増額修正などで急動意。

 新規上場2銘柄のうち、室町ケミカル<4885>(JQS)は買い気配を上げ、11時23分公開価格820円を74%上回る1424円で初値がつき、あと1534円まで上げて前引けとなった。coly(コリー)<4175>(東マ)は買い気配のまま前場は値がつかず、前引けは公開価格4130円を93%上回る7990円の買い気配。

 東証1部の出来高概算は7億3432万株、売買代金は1兆1897億円。1部上場2194銘柄のうち、値上がり銘柄数は394銘柄、値下がり銘柄数は1733銘柄。

 また、東証33業種別指数は全33業種が値下がりし、値下がり率の小さい業種は、鉱業、石油/石炭、水産/農林、銀行、電力/ガス、保険、ゴム製品、鉄鋼、空運、など。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:11 | 今日のマーケット