株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2021年03月08日

【株式市場】日経平均は後場一転軟化し米金利上昇など注視され3日続落

◆日経平均は2万8743円25銭(121円07銭安)、TOPIXは1893.58ポイント(2.60ポイント安)、出来高概算(東証1部)は増加し15億1102万株

 3月8日(月)後場の東京株式市場は、米国の夜間取引で金利が上昇とされ、ソニー<6758>(東1)TDK<6762>(東1)が一段安で始まり、日経平均は前引けの62円高から一転26円安でスタート。日本製鉄<5401>(東1)三井不<8801>(東1)などは堅調だが伸びきれず、日経平均は大引け間際に220円06銭安(2万8644円26銭)まで下押し3日続落となった。

 後場は、アイル<3854>(東1)が業績・配当予想の増額などで一段と強い動きになり、宮越HD<6620>(東1)はHPのトップメッセージが更新され中期目標が示されたとされてストップ高を継続。アルチザネットW<6778>(東2)は第2四半期の大幅増益などで前場大きく出直り「倍返し」コースとされて一段高。メディアシーク<4824>(東マ)昼発表の四半期決算が好感されて急伸しストップ高。エコミック<3802>(JQS)は13時半に発表した株式2分割が好感されていきなりストップ高。

 東証1部の出来高概算は増加し15億1102万株(前引けは8億767万株)、売買代金は2兆9862億円(同1兆4660億円)。1部上場2194銘柄のうち、値上がり銘柄数は1211(前引けは1341)銘柄、値下がり銘柄数は889(同736)銘柄。

 また、東証33業種別指数は21業種(前引けは27業種)が値上がりし、値上がり率上位は、鉱業、鉄鋼、石油/石炭、保険、電力/ガス、銀行、証券/商品先物、医薬品、その他金融、食料品、などが高い。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:42 | 今日のマーケット