株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2021年03月09日

【編集長の視点】野村HDは昨年来高値を更新、期末配当の増配催促を3Q最高業績がフォロー

 野村ホールディングス<8604>(東1)は、前日8日に20.4円高の663.4円と4営業日続伸して引け、前場取引時間中に679.5円まで買い進まれ今年2月15日につけた昨年来高値662.2円を更新した。同社の今2021年3月期予想業績と期末配当は、経済情勢や相場環境などに不確実性があるとして未定とされているが、今年2月3日に開示した今期第3四半期(2020年4月〜12月期、3Q)業績が、3Qとして過去最高を更新して着地しており、この好業績評価に期末配当の増配を催促する買い物がオンして買い増勢となった。期末配当は、市場コンセンサスでは15円、年間配当は35円(前期実績20円)と観測されており、この年間配当利回りは東証第1部高配当ランキングのトップ10入りすることから、配当権利取りが意識されている。

■3Q税引前利益は45%増益と続伸し2Q業績に続き過去最高

 同社の今期3Q業績は、金融費用を控除後の収益合計1兆2318億3700万円(前年同期比17.3%増)、税引前純利益3967億7100万円(同45.3%増)、純利益3085億2400万円(同22.7%増)と伸び、米国会計基準の適用を開始した2003年3月期以降で3Qとして過去最高となった。アセット・マネジメント部門に2.2兆円超の資金が流入し運用資金残高が61.2兆円と過去最高を更新して税引前純利益が前年同期比41%増の529億円となり、ホールセール部門の税引前純利益が前年同期比2.8倍の2302億円となり、海外ビジネスの全利益比率が前年同期の22%から42%にアップ、税引前純利益が1672億円と過去最高となったことなどが寄与した。3Qの実績1株利益(EPS)は101.03円となる。

 配当については、業績予想とともに未定としてきたが、中間配当については、今期第2四半期(2020年4月〜9月期、2Q)累計業績が2Qとして過去最高で着地したことから20円(前年同期実績15円)に増配した。期末配当は未定としているが、年間35円(前期実績20円)への増配が市場コンセンサスとなっている。市場コンセンサス通りとなれば、年間配当利回りは5%台に乗せとなり、東証第1部高利回り率ランキングのトップ10入りする高利回りとなる。

■3Q実績PERはわずか6倍台でPBRも0.7倍

 株価は、世界同時株安で突っ込んだ昨年3月の昨年来安値365.5円から底上げし、今期第1四半期の過去2番目の好決算で556.6円高値、今期2Q累計業績の過去最高決算で599円高値をつけ、今期3Qの好決算では昨年来高値679.5円まで上値を伸ばしている。PERは、3Q実績EPS換算でわずか6倍台、PBRも0.72倍と割安で、証券各社の投資判断・目標株価引き上げも相次いでいる。昨年来高値抜けから次の上値フシとして2018年1月高値756.4円を目指し、なお一通過点となりそうだ。(本紙編集長・浅妻昭治)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:38 | 編集長の視点