株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2021年03月11日

ヒーハイストは戻り試す、21年3月期上振れ余地

 ヒーハイスト<6433>(JQ)は小径リニアボールブッシュの世界トップメーカーである。直動機器を主力として、精密部品加工やユニット製品も展開している。21年3月期は新型コロナウイルスの影響で減収・赤字予想だが、第3四半期に売上が急回復して営業黒字に転換していることを勘案すれば、通期上振れ余地がありそうだ。株価は乱高下の形だが下値を切り上げている。戻りを試す展開を期待したい。

■小径リニアボールブッシュの世界トップメーカー

 20年7月1日付で商号をヒーハイスト精工からヒーハイストに変更した。小径リニアボールブッシュの世界トップメーカーである。独自の球面加工技術や鏡面加工技術をコア技術として、直動機器(リニアボールブッシュや球面軸受けなど)、精密部品加工(レース用部品や試作部品の受託加工など)、ユニット製品(液晶製造装置向けなど)を展開している。

 主力のリニアボールブッシュは、機械装置の稼働部に用いられる部品で、金属と金属の接触面を鋼球が転がりながら移動することで摩擦による影響を低減し、機械装置の寿命を延ばす役割を担っている。

 20年3月期の製品別売上構成比は直動機器54%、精密部品加工35%、ユニット製品12%だった。主要販売先はTHK<6481>および本田技研工業<7267>である。収益面では産業機械・電子部品・自動車関連の設備投資動向の影響を受けやすく、設備投資関連のため四半期業績が変動しやすい特性もある。

■生産能力向上と採算性向上を推進

 収益力向上および経営基盤強化に向けた重点方針として、生産能力向上とコストダウンによる採算性向上、QCDの徹底追求による顧客対応力の強化、顧客ニーズに適合した応用製品の開発と販売、主力製品リニアボールブッシュの競争力強化による拡販、提案型技術営業による新規顧客開拓、海外販売網の構築・強化、従業員の上昇志向と能力の向上を推進している。

 2月12日には組織変更を発表した。製品および生産に関して改善を進め、生産性向上を目的として21年4月1日付で生産技術部を新設する。技術部は設計開発業務の体制強化を図る方針だ。

■21年3月期は3Q黒字転換して通期上振れ余地

 21年3月期の連結業績予想(期初時点では未定、8月11日に公表)は、売上高が20年3月期比20.8%減の18億37百万円で、営業利益が86百万円の赤字(20年3月期は21百万円の赤字)、経常利益が89百万円の赤字(同25百万円の赤字)、当期純利益が94百万円の赤字(同3億42百万円の赤字)としている。配当予想は未定としている。

 第3四半期累計は、売上高が前年同期比16.8%減の14億91百万円で、営業利益が24百万円の赤字(前年同期は11百万円の黒字)、経常利益が20百万円の赤字(同2百万円の黒字)、四半期純利益が15百万円の赤字(同2百万円の赤字)だった。

 累計ベースでは新型コロナウイルスの影響で需要が急減して減収・赤字だった。直動機器は全般的な設備投資の低迷で14.5%減収、精密部品加工は世界的なレーススケジュール調整によるレース用部品の生産停止で26.4%減収だった。ユニット製品は中国の液晶製造装置向けが回復して2.3%増収だった。

 ただし四半期別に見ると、第1四半期は売上高4億73百万円で営業利益20百万円の赤字、第2四半期は売上高4億21百万円で営業利益68百万円の赤字、第3四半期は売上高5億97百万円で営業利益64百万円の黒字だった。

 第3四半期は売上が急回復(直動機器が4.2%増収、精密部品加工が27.9%増収、ユニット製品が32.9%増収)して、営業利益が黒字転換した。

 通期の減収・赤字予想を据え置いたが、第3四半期に売上が急回復して営業黒字に転換していることを勘案すれば、通期上振れ余地がありそうだ。収益改善基調を期待したい。

■株価は戻り試す

 株価は乱高下の形だが下値を切り上げている。戻りを試す展開を期待したい。3月10日の終値は355円、前期実績連結PBR(前期実績の連結BPS480円62銭で算出)は約0.7倍、時価総額は約22億円である。(日本インタビュ新聞社アナリスト水田雅展)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:17 | アナリスト水田雅展の銘柄分析