株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2021年04月06日

ビットワンGは香港子会社の提携や暗号資産市場の時価総額2兆ドル突破など注目されストップ高

■「ビットコインは1兆ドル超」などとと伝えられる

 ビットワングループ(ビットワンG)<2338>(東2)は4月6日、急伸一段高となり、取引開始後にストップ高の870円(150円高)で売買されたまま買い気配に貼りついている。

 5日付で、香港の在外子会社Choice Ace Holdings Limitedとシンガポールの法人Kin Seng Hong Pte Ltd(KSH社)が、医療・ヘルスケア事業に関する資本・業務提携に向けた交渉・協議を開始するにあたっての覚書を締結したと発表。材料視されている。

 また、買い材料としては、「暗号資産の時価総額2兆ドル突破、ビットコインは1兆ドル超」(NY5日ロイター、4月6日6:15)と伝えられたことも注目されている。マネックスG<8698>(東1)なども高い。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:01 | 材料でみる株価