株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2021年04月06日

JMACSが後場ストップ高、介護現場サポートシステムなど注目され後場一段高

■アスカネット製プレートによる非接触システムも実用化し注目要因

 JMACS<5817>(東2)は4月6日の後場一段と上げ幅を広げ、12時35分にかけて一時ストップ高の559円(80円高)まで上げ、一気に年初来の高値に進んだ。

 5日付で、介護現場サポートシステム『JSEEQ−Care(ジェイシークケア)』が、かんでんジョイライフが展開する有料老人ホーム5ヵ所に導入されたと発表しており、一段の納入拡大などが期待されている。

 また、同社は「スマートソリューション事業」の中で、アスカネット<2438>(東マ)製「ASKA3Dプレート」を使用した非接触サイネージシステム『Nadis(ナディス)』を製品化しており、2020年5月には「従来の半分程度に筐体を薄型化し、空中映像の解像度を向上させた」新製品を発表。非接触タッチパネルによる工場での操作や受付システムなどに実用化している。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:53 | 材料でみる株価