株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2021年05月07日

インテリジェントウェイブは21年6月期3Q累計2桁増益と順調

(決算速報)
 インテリジェントウェイブ<4847>(東1)は5月6日の取引時間終了後に、21年6月期第3四半期累計の業績を発表した。増収・2桁増益と順調だった。そして通期の増収増益予想を据え置いた。好業績を期待したい。なお健康経営宣言を策定した。株価は上値を切り下げる形でやや軟調だが、第3四半期累計の好業績を評価して出直りを期待したい。

■21年6月期3Q累計2桁増益と順調、通期増収増益予想据え置き

 21年6月期第3四半期累計の業績(非連結)は、売上高が前年同期比3.4%増の80億67百万円となり、営業利益が15.9%増の6億78百万円、経常利益が15.9%増の6億96百万円、四半期純利益が18.1%増の4億70百万円だった。

 増収・2桁増益と順調だった。大手カード会社やシステムベンダ向けのシステム更新・強化、不正検知システム構築のためのシステム開発・ハードウェア販売などを手掛けた。カテゴリ別には、システム開発とセキュリティ対策製品が減収だったが、保守、自社製品、クラウドサービス、ハードウェア、他社製品が増収だった。

 なお四半期別に見ると、第1四半期は売上高が22億98百万円で営業利益が1億34百万円、第2四半期は売上高が29億49百万円で営業利益が2億71百万円、第3四半期は売上高が28億20百万円で営業利益2億73百万円だった。

 通期業績(非連結)予想は据え置いて売上高が20年6月期比0.7%増の110億円、営業利益が11.0%増の11億50百万円、経常利益が10.7%増の11億90百万円、当期純利益が7.6%増の8億20百万円としている。

 大手カード会社向け開発案件、新規にカード事業を開始する顧客向け案件、クラウドサービスの新規案件などで増収増益予想としている。第3四半期累計の進捗率は売上高73.3%、営業利益59.0%である。通期ベースでも好業績を期待したい。

■株価は出直り期待

 株価は上値を切り下げる形でやや軟調だが、第3四半期累計の好業績を評価して出直りを期待したい。5月6日の終値は681円、今期予想PER(会社予想のEPS31円18銭で算出)は約22倍、時価総額は約179億円である。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 07:46 | 決算発表記事情報